« 土祭、もうすぐです。 | メイン | 往来堂書店に納品しました。 »

DADA CAFEに納品しました。

残念ながら土祭(ひじさい)へ行けないクヌギーです。

昨日、益子の天気はどうかしら?と気づかいつつ、代々木にあるDADA CAFEに文庫本葉書20冊を納品しました。読書の秋に向け、本との出会いを求めている方は、ぜひDADA CAFEへ。

今回は、本能がそうさせるのか、結果的に食べものの本がけっこう入っています。それから、ちょっと海外作品が少なめかな。これは次回、調整していくことにします。実際のところ、引用文から「これは日本の、そっちは海外の」と判断することは不可能ですから、気にしなくてもいいのですが、中身を知っているとバランスが気になるのです。

今も、わが家には30冊くらい文庫本葉書の材料になる本があります。この連休(といっても私は明日で終わりなのですが)も磨き作業をがんばる予定です。

文庫本葉書について、ちょっとした打ち明け話。

文庫本葉書は文庫本をオリジナルデザインの包み紙(クラフト紙)で包んだものです。包む作業は、休みの日や夕飯の後などにしています。
という手作り感は、そんなに想像に難くないと思うのですが、納品して「私がちまちま作っています」というと、少し驚かれることがあります。私のなりがそう見えないのか、以外にさびしい作業と思われるのか・・・。

文庫本葉書作りは私には楽しい作業です。
作りながら、「この本は誰の手もとへ届くのだろう」と考えるとワクワクします。いったん納品してしまうと、そんなことを考えていたのはするっと忘れてしまうのですが、作るときのエネルギーはこのワクワク感です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bookpickorchestra.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/319